いつでもどこでもモデルハウスの内覧出来る!

ホーム » 土地エリア
a

こんな不安ありませんか?

物件情報には、情報誌やネット等にまだ出回っていないものがあります。まず信頼できる不動産業者を探しましょう。(友人・知人・ネット検索・口コミ情報など)

土地探しのポイントが分からない

不動産会社に直接行くのが不安

たくさんの不動産会社をまわるのが面倒

めぼしい物件があるので、プロの目で見て欲しい

判断基準が難しい土地選び。

地方・地域で価格も取得手順も変わってきます。
工務店のバーチャル住宅展示場では、土地を取得する際に注意すべき事項やどういった内容を重視していくかアドバイスいたします。

将来を見据えて、しっかりした資金計画ができたら、次は土地探しです。まずは全体予算を土地と建物に対する予算配分を決めます。土地探しは希望エリア、土地の広さや地形、その他の要望を整理することによって、大体の価格帯が見えてきます。
しかし、これらの条件を100%満たたした物件を探そうとしても、そのような土地はなかなか見つからないのが現実です。
土地に対する要望には優先順位をつけて、『妥協できないもの』と『妥協できるもの』を分けておくことが必要です。

綿密なヒアリングとアドバイスがもらえる不動産業者を選びましょう

    1. 1. ご要望の整理をする。
    2. 2. 情報収集を行う。
    3. 3. 情報提供を受ける。
    4. 4. 現地見学を行う。
    5. 5. 購入決定・ご契約

公開情報はどの不動産業者も持っています。その中からあなたの要望に合った不動産情報をいかに提案してもらえるのか。また、ヒアリング後に下見をしてくれて、しっかり現地を説明してくれる業者はOKかも、逆に紙面にある情報だけの説明だけする業者はどうなのでしょう。

必ず、現地は見に行きましょう。同行してもらって見学するのがベストですが、時間帯が変わると思っていたイメージと違うケースもありますので、時間を変えて見学に行くこともお勧めします。
地域によっては、予約を入れないと次々と物件が売れてしまうケースもあります。
よくあるケースとして「もっと良い物件が出るのでは…」と思っていたら、売れてしまって次の物件が出てくるまで、いつになるかわからないということも、よくあります。ここで先に述べた優先順位をしっかりとつけておき、「妥協しないこと」と「妥協できる基準」をもとに判断して、良いと思ったら早く決断することも必要です。