住宅購入が人生の最大目標になっていませんか?

借りられる金額
返済できる金額

住宅ローン返済と子供の教育費負担は、時期的に重なり人生でも大きな支出となります。バランス良く検討しなければなりません。また、子どもが学校を卒業して、ローンも返済が終了するとご夫婦2人の長い老後生活が待っています。老後に向けた資金準備も必要になります。単なる家計簿診断だけでは、この3つのイベントに対する長期的、計画的な検討はできません。あなたのご家族のライフプランのシミュレーション作成が重要です。

『借りられる金額』ではなく、『返済できる金額』をご提案します

工務店のバーチャル住宅展示場 資金計画相談

あなたのライフプランシミュレーションを作成した上で最適な資金計画をご提案します。

貯金

現在の貯蓄額と頭金として支出できる金額
 
収入と支出

今後の収入の変化(ベースアップ、副収入、奥様のパート等)
子供の成長

子供の成長とそれに伴う教育費
 
老後

定年退職の時期と退職金の有無
 

これら4つの項目を考慮した上でライフプランを作成し、住宅にかけられる予算を逆算していく。
すなわち、マイホーム購入後も安全、安心な暮らしが送れることを前提とした資金計画が特長です。
まず、子どもの教育費と老後の生活費を確保しましょう。その上で経験豊富なファイナンシャルプランナーが適正なマイホーム購入予算を計算します。

住宅ローン相談

あなたのライフプランから最適な金融機関、最適な住宅ローン商品をアドバイスいたします。

借りられる金額返済できる金額

    1. 借りられる金額と、返済できる金額は違う
    2. 変動金利と固定金利、賢い選択
    3. 各銀行の住宅ローン比較